HOME > 交通事故・むち打ち症治療

交通事故・むち打ち症治療

当院では交通事故診療、ムチウチ症診療に自信があります。

当院では、むち打ち、交通事故からくる様々の臨床を重ね、事故診療を専門に行っています。
ご本人はもちろん、ご家族・お知り合いの方で交通事故後に有効な治療を受けられていない方がいらっしゃれば、当院に診させてください。
当院の患者さんや皆様に大切な方を不安や痛みから解放することができれば、地域医療としての役割が少しでも果たせると考えています。

当院では初回時に理想的な診療間隔、回数、自己対策法を提案いたします。
ぜひ、「早期の治療」と「しっかり治す」ことを強くお勧めいたします。

そのほか当院では、交通事故による「むち打ち症」以外の事もご相談を受け付けております。まずは一度ご相談頂けましたらと思います。
(ご相談は無料で行っております。)

交通事故による治療費の自己負担はありません。

また、当院は「社団法人交通事故医療情報協会」に交通事故のむち打ち治療等に
適切に対応できる院として認定され、サイトで紹介されています。

むち打ち治療 交通事故医療情報協会

↑こちらに当院が紹介されています。

ムチウチ症状について

交通事故の80%は追突事故といわれています。
追突事故による受傷で一番多いのは、頚椎捻挫=「むち打ち症」です。
「むち打ち症」は追突された際に首がムチのようにしなるため「鞭打ち(むちうち)」と呼ばれます。
そのために首や背中・腰に過大な力が加わり、首の周りの筋肉・神経・靭帯・関節を傷め、捻挫の状態になり熱を発生します。
特にその熱が神経を伝い、頭痛・めまい・痛み・しびれを発生させ、症状をひどくさせている原因になっています。

病院のレントゲンでは「異常なし」でシップを渡されただけ・・・。というのは無理もなく、殆どの場合、「骨」に異常はでません。「筋肉」や「靭帯」、「関節包み」などに損傷が起きるからです。

当院では開業以来、むち打ち・交通事故からくる数多くの症状の臨床を重ねた結果、首を支える筋肉・靭帯・関節包の損傷により、重い頭を支える機能を失うことで全身の至る所に負担をかけ、交通事故とは関係のない所まで症状が現れるという、いわゆる「物理的な負荷」がかかり、数年経ってから交通事故が原因で不調を訴える方が数多くいらっしゃいました。
そのまま放っておくと、重篤な疾患につながる事例がたくさんあり、危惧しております。

交通事故・むち打ち症治療の流れ

@病院・整形外科

病院・整形外科でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。

A当院へ

損保会社に整骨院での診療を希望する旨の連絡をお願いします。

B問診

詳しい症状・事故の状況をお聞きします。

E会計

自賠責保険が適用されたら、費用は発生しません。

Dカウンセリング
整形外科・レントゲン

C診療


交通事故の「むちうち症」の施術期間は約3〜6ヶ月間です。
早期の適切な治療にて症状が完治するまで、できる限り来院される事をお勧めします。

交通事故・むち打ち症治療 Q&A

施術費は?
自賠責保険が適用となる場合は、窓口負担は発生しません。
病院・整形外科と同時期に通えるのでしょか?
交通事故の治療は、病院・整形外科に通いながら整骨院で診療を受けることが可能です。
軽いけがなので病院で検査は受けていませんが・・・
軽いケガだと決めつけず、病院でレントゲンやMRIなどの精密検査を受けましょう。交通事故は時間が経ってから症状が出ることが多々あります。
当院では提携病院をご紹介することもできますのでご相談ください。
自賠責保険を使う場合の手続きはややこしいのでしょうか?
損保会社との交渉ややり取りはこちらでも代行しますのでお気軽にご相談ください。
<< 前のページへ戻る|▲ページ上部へ戻る
TOP
<< 前のページへ戻る|▲ページ上部へ戻る