「足底腱膜炎」タグアーカイブ

足底腱膜炎

こんにちは。

国立旭通り整骨院の喜久山です。

 

今日は「足底腱膜炎」についてお話をさせて頂きます。

足はいくつかの骨が前後方向と横方向に出来るアーチ状の構造になっており、歩行時や立位時の衝撃を吸収しています。このアーチを下から支えるのが足底筋膜と言う膜状の腱組織で、かかとから足の指の付け根まで広がっています。

足底筋膜はクッションのような役割をしていて、スポーツや歩き過ぎなどで過度に負担がかかり、足底筋膜に傷が付き炎症が起こります。

症状としては足裏に痛みが出て、走ったり跳ねたりすると痛みが強くなります。

足裏の痛みでお悩みの方は一度検査する事をお勧めします。