「怪我」タグアーカイブ

足関節捻挫~リハビリ一例~

こんにちは

国立旭通り整骨院の篠崎です。今回は前回に引き続き足関節捻挫です。

足関節捻挫のリハビリテーションは再発防止・二次的な機能障害を防止するため可動域制限の改善、足関節周囲の筋力強化、固有感覚受容器の改善が大切となります。

 

固有感覚というのは

筋肉や関節がどの位置にあるのか・どのくらい曲がっているのかなど目で確認しなくても身体でわかりますよね?

これは筋肉や関節にある特殊な受容器というものがあり、その受容器から位置、速度、筋力などの情報が送られてきます。

これを固有感覚と言います。

 

捻挫をし固定をすると固有感覚が部分的に機能低下をします。

また、靭帯に損傷を受けると神経‐筋のコントロールが低下すると言われています。

ようするにこのままでは再び捻挫をしやすいという事です。

では、どのようにトレーニングをすればいいのでしょうか。当院にある器具でトレーニングを行うとすると

・タオルギャザー:床にタオルを敷き、足の指だけでタオルを手繰り寄せる。これにより足裏の感覚を強化します。

・ボールキャッチ:足の指を使い柔らかい小さな玉やビー玉を掴む。こちらも足裏の感覚を強化します。

・バランスマット:不安定なマットの上に立ち、重心を患側にかけたり片足立ちをし、バランストレーニングを行う。

・バランスディスク:不安定なディスクの上に立ち、重心を患側にかけたり片足立ちをし、バランストレーニングを行う。

などを行います。

 

このようなトレーニングを行わないとバランス感覚が損なわれたままになるので再受傷が起きやすくなるんですね!

この他にも筋力トレーニング競技特性の動きの改善関節可動域の改善などをリハビリとして行います。

当院でもリハビリ、トレーニングの指導をさせて頂きますので捻挫でお困りの方はご連絡ください。

足関節捻挫~初期処置編~

こんにちは。国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

足関節捻挫とは、ようするに足首を捻ってしまったということです。

比較的多く遭遇する怪我だと思いますが、「捻挫くらい!」と放置してしまう方が多くいらっしゃいます。

その場合よく「捻挫は癖になる」と言われる状態に陥りやすくなります。

捻挫はしっかりと処置・治療を行わないと再受傷しやすくなり、また痛みも残りやすくなります。

 

今回は捻挫の初期処置をご紹介したいと思います!

 

捻挫だけでなく、外傷の初期処置の基本は「RICE処置」となります。

聞いたことのある方もいらっしゃるかと思いますがRICE処置とは

R…REST(安静)。患部を安静に保ちます。

I…ICING(冷却)。患部を氷などを使用し冷やします。

C…COMPRESSION(圧迫)。包帯などを使用し患部に圧迫を行います。

E…ELEVATION(挙上)。患部を心臓よりも高い位置にし、腫れなどを出しにくくします。

 

しかし、最近ではICINGは逆効果では?という研究も出て来ています。

冷やして血管を狭めてしまうと組織の修復に必要な細胞が集まれないからというのが理由です。

ICINGの効果の一つとして痛みを抑えるという効果もありますので冷やした後に温めたり痛みの出ない範囲で動かしたりという治療も行います。

もちろん症状や捻挫の程度により処置や治療は異なります。

 

捻挫をしてしまった際は病院や整骨院に受診するまでは応急処置として「RICE処置」をしっかりと行いましょう!

そして「捻挫くらい・・・」と考えずに必ず受診しましょう!

 

次回は癖にならないようにする為のトレーニングを簡単にご紹介できればと思います。

手の舟状骨骨折

 

国立旭通り整骨院の篠崎です。

最近テニスをしていた時に手をついて転んだという患者さんが来院されました。

ご自身では痛みもそこまで強くなく、腫れも出ていましたが動かせるので手首の捻挫かな?と思われていたそうですが診察をしてみると舟状骨骨折が疑われたため整形外科に受診して頂き診察・レントゲン撮影を受けて来てもらいました。

整形外科の先生の診断はやはり骨折!!

ギプス固定となりました。

02f74bd8a1ba52c4d929d1a376e517a1

痛いけれど動かせるから骨は大丈夫!と思われている患者さんはとても多くいらっしゃいますが、実はそうではないんですよ!!

今回は手首の捻挫と誤診されやすい舟状骨骨折のポイントをご紹介したいと思います。

骨2

舟状骨とは!

手根骨という手首にある8つの骨の1つで舟の形に似ていることから舟状骨と名前が付いています。

手首を動かす際の中心となっているのがこの舟状骨です。

 

なぜ骨折が見逃されやすいのか!

他の骨折よりもレントゲン撮影をしても見つけにくいと言われているのがこの舟状骨骨折になります。

また、痛みが強くないことも多くあり、腫れもそこまで強く出ない事もあるため捻挫として診断されてしまう事が多くあります。

 

診察はどうする?

レントゲン撮影やCT撮影の他に「嗅ぎ煙草入れ」や「舟状骨結節」の圧痛、腫れをみます。

嗅ぎ煙草入れとは親指を反らした際に手首付近にできる窪みのことです。

舟状骨結節とは手のひら側、親指側の手首付近にある骨の突起のことです。

この部分を押してみて痛みが出る場合は必ず舟状骨骨折を疑います。

 

放置するとどうなる?

手を使うと慢性的に痛みが出たり、変形性関節症になってしまうことがあります。

 

手をついて転んでしまった場合などは必ず整形外科や整骨院を受診しましょう。

また、レントゲンで異常がないと言われても痛みが引かない場合などはもう一度受診してみた方が良いかもしれませんね!

 

ストレッチの効果

こんにちは!国立旭通り整骨院の篠崎です!

徐々に涼しくなり、スポーツの秋らしくなってきました!!
今回はストレッチについてです!

皆さんはストレッチについてどのくらいの事を知っていますか?

体に良いはずのストレッチも、実は行う種類・タイミングによっては逆効果となってしまいます。

ストレッチには大きく分けて静的ストレッチ動的ストレッチがあります。

皆さんがストレッチと聞いてイメージするものは静的ストレッチが多いと思います。

例:前屈をして太ももの裏を伸ばす、アキレス腱のストレッチなど時間をかけて伸ばすものをいいます。
%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81                %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

準備運動として静的ストレッチを行う方も多いと思いますが、実はこれらの静的ストレッチは運動前に行うと逆効果となることがあります。

筋肉がリラックスしすぎてしまう、伸びすぎてしまいパワーが伝わらないなどが原因でパフォーマンスが低下したり、怪我をしやすくなってしまいます。
(ジャンプ力の低下、瞬発力の低下、パワーの低下などがみられます)

 

そこで運動前に行うといいのが動的ストレッチになります。

イメージしやすいものとして「ラジオ体操」やサッカーで有名な「ブラジル体操」、野球選手の「マエケン体操」などが当てはまります。

 

運動前に効率的に身体・筋肉を働かせ、動きやすい状態にしてあげるという事ですね!

では、静的ストレッチはどのような時に行うと良いと思いますか?

運動後に行うと疲労回復、パフォーマンス向上につながると言われています。
また、筋肉が固い人・可動域が狭い人・柔軟性の低下でけがをしている方は積極的に行うと良いと思います。
運動前は動的ストレッチやランニングなどで体を温め動きやすい状態にし、運動後は静的ストレッチで疲労回復や体をリラックスさせてあげるとより怪我をしにくい体になると思います。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%95

当院では運動指導・ストレッチ指導も行っております。

ご気軽にご相談ください。

運動会シーズン

こんにちは!!国立旭通り整骨院の篠崎です!

10月に入り、運動会のある家庭も多いのではないでしょうか?s-undokai064

また、スポーツの秋という事で運動を始めた・始める方もいるかと思います。

 

今回は、運動会で多い怪我(お父さん、要注意です!)についてです。

父兄参加の徒競走などで突然走ることもある運動会!

昔(学生時代など)にスポーツをしていて現在運動不足の方が、準備運動もせず昔と同じイメージで「よーい!ドン!!」」と走ると・・・

ブチッ!

そうです。運動会で特にお父さんに多い怪我とはアキレス腱断裂です!

%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1
断裂した痛みは皆さんが思っているよりも痛くはないそうです。

痛みよりも力が入らない、感覚が鈍いと感じる方が多いです。

痛みも強くはないので、切れた瞬間も「後ろから蹴られた」、「ボールをぶつけられた」などと感じる方が多いようです。

原因としてはたくさんありますが、

ふくらはぎの筋肉の柔軟性低下

運動不足

準備運動不足

足のアーチの低下

などが考えられると思います!

運動をする前はウォーミングアップで軽く走ったり体を動かし体温をしっかりと上げ、運動後はクールダウン、ストレッチを行い体をケアしましょう!

s-undokai053

アキレス腱が断裂していなくても炎症が起こって痛みが出ることもあります。

痛みや違和感、張りなどでもご気軽にご相談ください!

突き指

こんにちは!国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

皆さんは「突き指」を軽く考えていませんか?
突き指と言いましても、靭帯損傷(捻挫や断裂)、腱損傷、骨折など様々な状態となります。

皆さんも一度は聞いたことがある、もしくはやったことがあるかもしれませんが、「突き指をしたら引っ張る・引っ張れば治るよ」
・・・絶対にしないでくださいね!!!

 

どの症状に対しても引っ張る事により症状を悪化させてしまう事があります!

(骨折や脱臼の整復で引っ張る事がありますが、もちろん専門家以外はしないでください)

突き指の中でも比較的多いものの中にマレットフィンガーというものがあります。

①伸筋腱(指を伸ばす筋腱)の断裂

②伸筋腱の付いている部分の骨折

 

の2種類があり、どちらも指先が伸ばそうと思っても伸びなくなります

鑑別としましては伸筋腱の断裂では痛みはあまりありません。それに対し骨折のあるものは動かしたり押したりすると痛みがあります。

 

この怪我では必ず固定、もしくは手術が必要となりますので必ず整骨院や整形外科に受診してください。

 

もちろん当院でも処置はできますので、突き指と軽く考えずに診察を受けてください!