年末年始の休診案内

syougatu%e6%ad%a3%e6%9c%88

年末年始のお知らせ

年の瀬も押し詰まってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

大掃除やお正月にむけての買い物で身体の疲れも出ているかと思います。

体調にはお気を付けて、また痛みなどがある場合は今のうちに対処しておきましょう!

 

当院の年末年始の診療に関しましては下記の通りとなります。

12/30(金) 午前診療のみ

                                                12 /31(土) ~ 1/4(水) 休診                                                                                                                                                                                                                                                  1/5(木)   通常診療

お休みの間ご迷惑をお掛けしますがご理解の程よろしくお願い致します。

syougatu3syougatu2

足のしびれ

こんにちは。

国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

以前手や指のしびれをご紹介し、最近診察の中でも足のしびれを訴える患者さんが多いように感じましたので、今回は足のしびれをいくつかご紹介したいと思います。

代表的な疾患だけでも数多くありますので2回に分けてご紹介したいと思います。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎と腰椎の間にある椎間板(クッションの役割をしているもの)が突出してしまい神経を圧迫してしまうものです。
a

 

ヘルニアになると腰の痛み、圧迫されている神経の支配領域にしびれや痛みが出てきます。

SLRテストなどのヘルニアに対する試験をし、筋力低下、しびれの有無をみて、そして確定診断のためにMRI検査などを行います。

 

脊柱管狭窄症

脊椎にある脊髄や神経根が通る管が通る部分を脊柱管と言い、脊柱管が何らかの原因で狭くなり脊髄が圧迫されたものを脊柱管狭窄症と言います。

原因としては加齢的変化(骨棘など)、腰椎がずれてしまっている(すべり症)、ヘルニアなどがあります。

腰痛、足のしびれや痛みが主な症状で、間欠性跛行(歩いていると徐々に歩行ができなくなり、腰を曲げて休んでいるとまた歩けるようになる)が出てきます。

 

坐骨神経痛

何らかの原因で坐骨神経が圧迫・障害され腰やお尻から大腿後面や下腿後面、そして足あたりまでしびれや痛みが出ているものを坐骨神経痛と呼びます。

ヘルニア、梨状筋症候群、腰椎すべり症などにより坐骨神経が障害されしびれがでます。

 

梨状筋症候群

梨状筋という仙骨から大腿骨につく筋肉が坐骨神経を圧迫したり、こすれて摩耗することにより坐骨神経痛をおこします。

股関節の屈伸の伴う作業が多い方、デスクワークなど長時間座ることの多い方、スポーツをよくされる方(ランナーやスクワットなどの動作は要注意)などが原因となりやすいです。

 

整形外科的疾患以外には脳梗塞糖尿病閉塞性動脈硬化症などがあります。また、意外に多いものとして足の血行不良やストレスでしびれが出ている場合もあります。

しびれは放っておかずに必ず診察・検査を受けましょう!!

12月休診案内

12月は23日(天皇誕生日)が祝日となるため休診とさせて頂きます。
年末年始は30日の午後から1月4日まで休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

早いもので今年もあと3週間を切りました。残すイベントもクリスマスや大晦日くらいですかね・・・。

気温も下がり、また師走という事でお忙しいと思いますが、体調には気を付け新年に備えましょう。

大掃除中の最中に体を痛めてしまったという患者さんもいらっしゃいます。くれぐれもお気を付けください!