手根管症候群

こんにちは。

国立旭通り整骨院の篠崎です。

今回は手のしびれの中でも比較的多い手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)というものです。

 

手根管症候群(正中神経麻痺)は、手首を通っている正中神経が圧迫されて痛みやしびれを生じる病気です。

 

正中神経は、手首の手のひら側の手根管と呼ばれる部位を通っており、手の親指側に分岐しています。手根管とは、手首の手の平側で、骨と靱帯に囲まれたトンネル状の部位のことです。この中を正中神経と指を曲げる腱が通っています。ここは解剖学的に狭くなっているので、腫れを起こすなど、さまざまな理由で線維組織の束により手根管が圧迫を受けます。ちょっとした圧迫でも神経が傷害されやすいのです。その結果、手指の感覚や運動の麻痺を起こします。

 

手根管症候群(正中神経麻痺)は珍しいものではなく、女性に多く見られます。発症年齢には妊娠、出産前後と閉経前後の二つの時期にピークがあります。また手作業の多い職種でも起こりやすいようです。

ねじまわしを使うときのように、手首を伸ばした状態で繰り返し力を入れる動作を要求される人は、特にリスクが高くなります。コンピューターのキーボードを使うときの姿勢が悪い場合も発症しやすくなります。振動する道具を長い間使用する場合にも手根管症候群を起こすことがあります。妊娠中の女性や、糖尿病、甲状腺機能の低下、痛風、関節リウマチのある人もこの病気のリスクが上昇しています。

 

正中神経が圧迫されることによって現れる症状は、親指、人差し指、中指の知覚異常、しびれ、ヒリヒリする感覚、痛みです。ときには腕や肩に痛み、熱感、ヒリヒリする感覚が生じます。就寝中の手の位置によっては、痛みがひどくなることもあります。時間とともに、動かさないでいる手の親指側の筋力が低下し、萎縮していきます。

 

手根管症候群(正中神経麻痺)原因

手首の手のひら側にある骨と靭帯(じんたい)に囲まれた手根管というトンネルのなかを、正中神経と9本の指を曲げる筋肉の腱が通っています。手根管症候群(正中神経麻痺)はこのトンネルのなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気です。

 

1.手の過度の使用

2.むくみ:妊娠による

3.圧迫:骨折や腫瘤(しゅりゅう)によるトンネルの圧迫

4.アミロイド沈着:

血液透析(とうせき)によるアミロイドという物質の沈着などが原因になります。中年以降の女性に多く起こります。

 

前記のようにさまざまな原因があるので、ひとつに限定することが困難な場合があります。

 

特別な原因が見あたらないことが多いのですが、手首の骨折や脱臼、手根管部の腫瘍やリウマチなどが原因で発症することもあります。また人工透析を行っている人では、年数が長くなると発症しやすくなります。手作業の多い職業との関連もあるようです。妊娠中と閉経後によく発生することから女性ホルモンとの関係が示唆されています。

 

手根管症候群(正中神経麻痺)症状

1.知覚障害

初めは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めます。この時に手を振ったり、指の運動をすると楽になります。

 

2.筋肉萎縮

進行すると親指の付け根の母指球筋(ぼしきゅうきん)という筋肉がやせてきて、細かい作業が困難になります。母指球があることで、親指が他の指と向き合う、人間ならではの特徴的な手指の動きとなり、細かい作業ができます。こうした役割のある母指球が萎縮すると、鉛筆を落としたり、OKのサインのような指の形などもできにくくなり、日常生活に支障が出てきます。

 

3.運動障害

母指の付け根の筋肉が麻痺することによって、つまみ動作がしにくい、ボタンをかけにくい、箸が扱いにくいなどの症状として現れます。親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなくなります。

 

通常、手指のしびれで異常に気づきます。いわゆる「しびれ」とは、物に触れた感じが鈍い、いつもより強い、異質な感じ、あるいは触れていないのにビリビリ、ジンジンするなどのいろいろな知覚異常を含んだ表現です。知覚傷害の範囲は親指から薬指で、一指だけのことも四指全部のこともあります。

手を振るとしびれが軽減することも特徴の一つです。夜間、あるいは朝方に手がしびれて目が覚めたり、肩や上腕部の痛みを伴うこともあります。

運動障害は、運動麻痺が進むと筋肉が痩せてきます。まれに、知覚傷害よりも運動障害の方が著しいこともあり、この場合気づくのが遅れがちです。この病気は両側に起こることも少なくありません。

 

手根管症候群(正中神経麻痺)は首の病気による神経の圧迫や、糖尿病神経障害、手指の他の腱鞘炎(けんしょうえん)との鑑別が必要です。

 

その際、この病気と似たような症状を起こすいくつかの病気、例えば頸椎疾患、胸郭出口症候群、糖尿病性神経傷害などとの鑑別が必要になることもあります。

 

簡単な自己診断法は:

1.手根管をたたくとしびれのある指まで痛みが走る。

2.手首を曲げたままでいると、一分以内に手指のしびれが強くなる。前述した症状にこの二つが加われば、本症の疑いが高くなります。

 

正中神経が麻痺すると母指から薬指の母指側半分の知覚麻痺、痺れおよび母指球筋(母指の根元の筋肉)の萎縮、対立運動麻痺が生じます。運動麻痺の具体的な症状は母指と人さし指で丸を作ろうとしても涙滴形になってしまうことでご自分でも診断できます。

女性ホルモンが影響している場合は、昼間より眠っている間にしびれることが多く、明け方にしびれが強くなります。一方キーボードの打ち過ぎによる場合は手や指を使い続けることで重症化します。

 

 

手根管症候群(正中神経麻痺)予防

コンピューターのキーボードを使うときには、姿勢が悪いと手根管症候群になることがあります。これを予防するには、手首が自然に伸びた状態を保つことが必要です。これには、ひじから先を真っすぐに伸ばし、手が前腕よりもやや低くなるようにします。手の方が高い位置で、手首を曲げてはいけません。キーボードを比較的低い位置に置いて、手がひじよりもいくぶん下になるような状態を保ちます。リストパッドを使って手首を支えるのも良い方法です。

 

医学的にはまだ検証されていませんが、更年期や妊娠後期など、女性ホルモンの急激な増減期に多く発症します。今後、増加すると懸念されているのが、パソコンのキーボードの打ち過ぎなど手や指の使い過ぎによる腱鞘(しよう)炎が原因となるものです。欧米では労災として認定されるケースがあり、社会問題にもなっているという。いずれも、患者は圧倒的に女性の方が多いです。

こむら返り

こんにちは。国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

こむらがえりとは、よく「足がつった」と言われるもので、「腓腹筋痙攣」と呼ばれるものです。

%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a%ef%bc%93

最近急激に冷えてきたせいか、患者さんから「夜中に急に足がつった」と聞くことが増えてきた気がします。

腓腹筋(ふくらはぎの筋)が異常な緊張を起こし、筋が収縮したまま緩まない状態になります。

寒い日や運動後の夜に寝ていると急につったり、海やプールなどでつってしまったり様々な場面で誰もが遭遇するものかと思います。

なぜつってしまうのか、対処法や予防法などを知っていると慌てずに済むかと思います。

 

[原因]

筋疲労、運動不足、冷えなどによる血行障害、ビタミンやミネラルなどの不足熱中症、脱水、妊婦、そして何かしらの病気が考えられます。

病気としては椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、下肢静脈瘤、動脈硬化症、糖尿病、肝硬変、腎疾患、脳こうそく

などが考えられます。

[対処法]

つってしまった場合は腓腹筋を伸ばす、ストレッチをする。

(膝を伸ばし、足先を持って背屈させる)

%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a%ef%bc%92

[予防法]

腓腹筋のストレッチ、マッサージ、足を温める、ビタミンやミネラルの補給などが大切になります。

%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89

 

頻回につってしまうなどある方は疲労だけでなく病気の可能性も考え、病院に受診してみてもいいかと思います。

寒くなってきましたので足元だけでなくしっかりと全身を温めましょう!

休診案内

国立旭通り整骨院の篠崎です。

本日から11月となります。

11月は3日(文化の日)23日(勤労感謝の日)が祝日となるため休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

ハロウィンも終わり、野球の日本シリーズも閉幕し、まだ早いですが次のイベントは国立大学通りの天下市・一橋祭、そしてクリスマスですね!冬も楽しみましょう!!

 

当院の患者さんでも体調を崩している方が増えています。年末に向けて、また寒さに負けないよう体のケアをしっかりと行っていきましょう!