四十肩・五十肩

こんにちは!国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

四十肩・五十肩は正式には肩関節周囲炎と呼ばれるもので、肩に痛みが出て関節の動きが悪くなるものを言います。

 

五十肩は、統一された定義というものが実はありません。

よく「50歳代を中心とした中高年者に明らかな外傷がなく痛みと関節拘縮(硬くなり動きが悪くなる)を特徴とするもの」などと言います。

ようするに、原因がよく分からないけれど肩を動かせないし痛みがあるということです。

 

なぜ五十肩になってしまうのかというのもはっきりとわかっていないのです。

加齢により衰えてきた軟部組織が主にあり、炎症や関節の袋が硬くなったりして運動制限が出るのではないかと言われています。

また、猫背の姿勢や胸郭の硬さにより肩の動きに制限が出ることもあります。

最近治療をしていて感じるのは様々な原因で猫背になり、それが原因で上がらなくなっている方が凄く多いです!

%e8%82%a9%ef%bc%94

[症状]

①痛み:安静時、肩の運動時に痛みがあり、夜寝ていても痛みがあることが多いです。痛みの場所は、初めは肩の前側、進行していくと外側、後面へ移動していくことがあります。

②運動制限:特に外転・外旋時に強い痛みと運動制限があり、結髪動作(髪を結ぶ動作)、結帯動作(エプロンの紐を結んだり帯を結ぶ動作)が痛みでやりにくくなります。

 

[病期]

①痙縮期:痛みのために肩の動きの制限が出てくる

②拘縮期:関節自体に拘縮(硬くなる事)が起こり肩の運動が制限される。

③回復期:痛み、動き共に改善してくる

 

[治療]

温熱療法や電気療法、超音波などを使用し治療をしていきます。また、痙縮期や拘縮期では運動療法が効果的です。

冷えると痛みが増しやすいのでクーラーの風や冬場は冷やさないようにしましょう。

 

[運動療法]

・コッドマン体操(アイロン体操):アイロンなどの重りを持ち、関節の袋などの軟部組織をストレッチし、肩の関節を広げる運動です。

手・肩の力を抜きアイロンの重さで腕を振り、振り子のように振っていきます。

 

・壁を利用したストレッチ:自分の力だけで上げようとすると痛みが強く感じやすいので壁に手を沿わせながら動かしていきます。

 

・棒体操:棒などを使い肩を動かしていきます。棒を使うことにより無理なく痛いほうの肩を上げることができます。

 

詳しいやり方、回数などを当院で指導することもできます。

また、五十肩かと思っていたら違う原因だったなどもありますので、肩の痛みや最近動かしにくくなったなどでお困りの方はご気軽にご相談ください!

%e8%82%a9%ef%bc%95

変形性関節症

こんにちは!

国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

今まで整形外科などで変形性関節症と診断されたことのある方は多いのではないでしょうか?

65歳以上の方では半数以上、75歳以上の方では80%の人に存在するというデータもあります。膝・股関節・頸椎・腰椎・肘・手など様々な関節で起こるものです。

今回は特に症状が出やすく多くの方が困っている膝について、簡単な体操なども含めご紹介します。

 

原因

靭帯損傷や半月板損傷などの怪我、関節軟骨の老化や肥満、体質(遺伝も関係している)と言われています。

特に女性は男性の4倍なりやすいとも言われています。

 

症状

初期:長時間座っていた後立ち上がる時に痛みを感じる・動き始めに痛みを感じる(スターティングペイン)、膝の内側を押すと痛い、階段の昇降時に痛みを感じる、膝が腫れてくる(水が溜まる)

進行期:O脚になってきている、正座ができない、膝を完全に伸ばせない

末期:O脚が強くなる、歩くたびに強い痛みがある

などです。

痛みは動作時に感じ、歩き始める(動き始める)と感じにくくなりますが、長時間歩いているとまた痛みが出てくるという特徴があります。

 

治療

保存療法・手術療法があります。

ご自身で予防、改善のためにできることは、

正座を避ける、体重を減らす、膝周囲の筋力をつける(特に大腿四頭筋)、お尻周囲の筋力をつける、ストレッチをする、足底挿板を入れる、クーラーなどで冷やさないようにする

 

いくつか運動療法をご紹介します。

大腿四頭筋のトレーニング

①膝の下に枕や丸めたタオルを置き、それを押しつぶすように床方向へ力を入れます。

oa5

②片膝を曲げ、片方の足首を90度曲げ、伸ばした足を10~30㎝ほど上げゆっくりと降ろす。

oa8

内転筋のトレーニング

・ボールや厚めに丸めたタオルを膝上で挟み、ゆっくり潰していく。

 

中殿筋のトレーニング

・横向きになり下の膝を曲げて安定させ、上の伸ばした足を10㎝ほど上げていき、ゆっくりと降ろしていく

 

大腿四頭筋のストレッチ

・横になり上側の膝を曲げて足首を持ちます。踵がお尻につくようにゆっくりと伸ばしていきます。

 

ふくらはぎのストレッチ

・足を前後に開き、後ろの足の膝を伸ばしたまま体をゆっくり前に倒していきます。

 

トレーニングは最初のうちは10回×2~3セットを1日2回ほどから始め、慣れてきましたら徐々に回数を増やしていきましょう。

 

 

当院ではこのような運動指導も行っております。適切な運動方法、回数なども個別に指導しております。

ご気軽にご相談ください!

ストレッチの効果

こんにちは!国立旭通り整骨院の篠崎です!

徐々に涼しくなり、スポーツの秋らしくなってきました!!
今回はストレッチについてです!

皆さんはストレッチについてどのくらいの事を知っていますか?

体に良いはずのストレッチも、実は行う種類・タイミングによっては逆効果となってしまいます。

ストレッチには大きく分けて静的ストレッチ動的ストレッチがあります。

皆さんがストレッチと聞いてイメージするものは静的ストレッチが多いと思います。

例:前屈をして太ももの裏を伸ばす、アキレス腱のストレッチなど時間をかけて伸ばすものをいいます。
%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81                %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

準備運動として静的ストレッチを行う方も多いと思いますが、実はこれらの静的ストレッチは運動前に行うと逆効果となることがあります。

筋肉がリラックスしすぎてしまう、伸びすぎてしまいパワーが伝わらないなどが原因でパフォーマンスが低下したり、怪我をしやすくなってしまいます。
(ジャンプ力の低下、瞬発力の低下、パワーの低下などがみられます)

 

そこで運動前に行うといいのが動的ストレッチになります。

イメージしやすいものとして「ラジオ体操」やサッカーで有名な「ブラジル体操」、野球選手の「マエケン体操」などが当てはまります。

 

運動前に効率的に身体・筋肉を働かせ、動きやすい状態にしてあげるという事ですね!

では、静的ストレッチはどのような時に行うと良いと思いますか?

運動後に行うと疲労回復、パフォーマンス向上につながると言われています。
また、筋肉が固い人・可動域が狭い人・柔軟性の低下でけがをしている方は積極的に行うと良いと思います。
運動前は動的ストレッチやランニングなどで体を温め動きやすい状態にし、運動後は静的ストレッチで疲労回復や体をリラックスさせてあげるとより怪我をしにくい体になると思います。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%95

当院では運動指導・ストレッチ指導も行っております。

ご気軽にご相談ください。

運動会シーズン

こんにちは!!国立旭通り整骨院の篠崎です!

10月に入り、運動会のある家庭も多いのではないでしょうか?s-undokai064

また、スポーツの秋という事で運動を始めた・始める方もいるかと思います。

 

今回は、運動会で多い怪我(お父さん、要注意です!)についてです。

父兄参加の徒競走などで突然走ることもある運動会!

昔(学生時代など)にスポーツをしていて現在運動不足の方が、準備運動もせず昔と同じイメージで「よーい!ドン!!」」と走ると・・・

ブチッ!

そうです。運動会で特にお父さんに多い怪我とはアキレス腱断裂です!

%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1
断裂した痛みは皆さんが思っているよりも痛くはないそうです。

痛みよりも力が入らない、感覚が鈍いと感じる方が多いです。

痛みも強くはないので、切れた瞬間も「後ろから蹴られた」、「ボールをぶつけられた」などと感じる方が多いようです。

原因としてはたくさんありますが、

ふくらはぎの筋肉の柔軟性低下

運動不足

準備運動不足

足のアーチの低下

などが考えられると思います!

運動をする前はウォーミングアップで軽く走ったり体を動かし体温をしっかりと上げ、運動後はクールダウン、ストレッチを行い体をケアしましょう!

s-undokai053

アキレス腱が断裂していなくても炎症が起こって痛みが出ることもあります。

痛みや違和感、張りなどでもご気軽にご相談ください!