「足「国立旭通り整骨院」」カテゴリーアーカイブ

足底腱膜炎

こんにちは。

国立旭通り整骨院の喜久山です。

 

今日は「足底腱膜炎」についてお話をさせて頂きます。

足はいくつかの骨が前後方向と横方向に出来るアーチ状の構造になっており、歩行時や立位時の衝撃を吸収しています。このアーチを下から支えるのが足底筋膜と言う膜状の腱組織で、かかとから足の指の付け根まで広がっています。

足底筋膜はクッションのような役割をしていて、スポーツや歩き過ぎなどで過度に負担がかかり、足底筋膜に傷が付き炎症が起こります。

症状としては足裏に痛みが出て、走ったり跳ねたりすると痛みが強くなります。

足裏の痛みでお悩みの方は一度検査する事をお勧めします。

足関節捻挫~リハビリ一例~

こんにちは

国立旭通り整骨院の篠崎です。今回は前回に引き続き足関節捻挫です。

足関節捻挫のリハビリテーションは再発防止・二次的な機能障害を防止するため可動域制限の改善、足関節周囲の筋力強化、固有感覚受容器の改善が大切となります。

 

固有感覚というのは

筋肉や関節がどの位置にあるのか・どのくらい曲がっているのかなど目で確認しなくても身体でわかりますよね?

これは筋肉や関節にある特殊な受容器というものがあり、その受容器から位置、速度、筋力などの情報が送られてきます。

これを固有感覚と言います。

 

捻挫をし固定をすると固有感覚が部分的に機能低下をします。

また、靭帯に損傷を受けると神経‐筋のコントロールが低下すると言われています。

ようするにこのままでは再び捻挫をしやすいという事です。

では、どのようにトレーニングをすればいいのでしょうか。当院にある器具でトレーニングを行うとすると

・タオルギャザー:床にタオルを敷き、足の指だけでタオルを手繰り寄せる。これにより足裏の感覚を強化します。

・ボールキャッチ:足の指を使い柔らかい小さな玉やビー玉を掴む。こちらも足裏の感覚を強化します。

・バランスマット:不安定なマットの上に立ち、重心を患側にかけたり片足立ちをし、バランストレーニングを行う。

・バランスディスク:不安定なディスクの上に立ち、重心を患側にかけたり片足立ちをし、バランストレーニングを行う。

などを行います。

 

このようなトレーニングを行わないとバランス感覚が損なわれたままになるので再受傷が起きやすくなるんですね!

この他にも筋力トレーニング競技特性の動きの改善関節可動域の改善などをリハビリとして行います。

当院でもリハビリ、トレーニングの指導をさせて頂きますので捻挫でお困りの方はご連絡ください。

足関節捻挫~初期処置編~

こんにちは。国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

足関節捻挫とは、ようするに足首を捻ってしまったということです。

比較的多く遭遇する怪我だと思いますが、「捻挫くらい!」と放置してしまう方が多くいらっしゃいます。

その場合よく「捻挫は癖になる」と言われる状態に陥りやすくなります。

捻挫はしっかりと処置・治療を行わないと再受傷しやすくなり、また痛みも残りやすくなります。

 

今回は捻挫の初期処置をご紹介したいと思います!

 

捻挫だけでなく、外傷の初期処置の基本は「RICE処置」となります。

聞いたことのある方もいらっしゃるかと思いますがRICE処置とは

R…REST(安静)。患部を安静に保ちます。

I…ICING(冷却)。患部を氷などを使用し冷やします。

C…COMPRESSION(圧迫)。包帯などを使用し患部に圧迫を行います。

E…ELEVATION(挙上)。患部を心臓よりも高い位置にし、腫れなどを出しにくくします。

 

しかし、最近ではICINGは逆効果では?という研究も出て来ています。

冷やして血管を狭めてしまうと組織の修復に必要な細胞が集まれないからというのが理由です。

ICINGの効果の一つとして痛みを抑えるという効果もありますので冷やした後に温めたり痛みの出ない範囲で動かしたりという治療も行います。

もちろん症状や捻挫の程度により処置や治療は異なります。

 

捻挫をしてしまった際は病院や整骨院に受診するまでは応急処置として「RICE処置」をしっかりと行いましょう!

そして「捻挫くらい・・・」と考えずに必ず受診しましょう!

 

次回は癖にならないようにする為のトレーニングを簡単にご紹介できればと思います。

足のしびれ その2

国立旭通り整骨院の篠崎です。

前回足のしびれの原因となるものをいくつかご紹介しましたが、今回は第2弾となります。

gatag-00008124

外側大腿皮神経痛

足の付け根から膝上あたりの大腿外側部分のしびれや痛みが出てきます。

足の付け根から表面に出てくる大腿皮神経が何かしらの原因で圧迫されることにより症状が出てきます。

肥満、ベルトやコルセットの締めすぎ、きついズボンを履くなどがきっかけで症状が出現します。

腓骨神経麻痺

膝の外側にある骨が出っ張った部分を腓骨頭といい、腓骨神経が通っています。

その部分が骨折によるギプス固定などの圧迫、足を組んで腓骨頭が当たっていた、横向きに寝ていて布団などが当たっていたなどにより下腿の外側から足の甲、第5趾以外の足趾にしびれが出てきます。

また、進行すると下垂足(足首や足趾が上げられない状態)になります。

腓骨頭部分を叩くとしびれが増強する場合は腓骨神経麻痺となります。

足根管症候群

内くるぶし付近にある足根管というトンネルの中にある神経が圧迫され足裏にしびれが感じられます。

捻挫後やハイヒールをよく履く方、靴を強く締める方などにでやすいものです。

内くるぶしの下あたりを叩いてみてしびれが強くなる方は足根管症候群の可能性が高いです。

モートン病

第3趾、4指の間にしびれ、痛みがみられます。(他の趾でもみられます)

灼熱痛と言い、特に強い痛みの時もあります。

2本の指にまたがって症状が出るという特徴があります。

原因としては足のアーチの低下(特に横アーチ)、合わない靴やハイヒール、長距離歩いたなどでしびれが出てきます。

 

整形外科的疾患以外には脳梗塞、糖尿病、閉塞性動脈硬化症などがあります。

しびれは放っておかずに必ず診察・検査を受けましょう!!

足のしびれ

こんにちは。

国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

以前手や指のしびれをご紹介し、最近診察の中でも足のしびれを訴える患者さんが多いように感じましたので、今回は足のしびれをいくつかご紹介したいと思います。

代表的な疾患だけでも数多くありますので2回に分けてご紹介したいと思います。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎と腰椎の間にある椎間板(クッションの役割をしているもの)が突出してしまい神経を圧迫してしまうものです。
a

 

ヘルニアになると腰の痛み、圧迫されている神経の支配領域にしびれや痛みが出てきます。

SLRテストなどのヘルニアに対する試験をし、筋力低下、しびれの有無をみて、そして確定診断のためにMRI検査などを行います。

 

脊柱管狭窄症

脊椎にある脊髄や神経根が通る管が通る部分を脊柱管と言い、脊柱管が何らかの原因で狭くなり脊髄が圧迫されたものを脊柱管狭窄症と言います。

原因としては加齢的変化(骨棘など)、腰椎がずれてしまっている(すべり症)、ヘルニアなどがあります。

腰痛、足のしびれや痛みが主な症状で、間欠性跛行(歩いていると徐々に歩行ができなくなり、腰を曲げて休んでいるとまた歩けるようになる)が出てきます。

 

坐骨神経痛

何らかの原因で坐骨神経が圧迫・障害され腰やお尻から大腿後面や下腿後面、そして足あたりまでしびれや痛みが出ているものを坐骨神経痛と呼びます。

ヘルニア、梨状筋症候群、腰椎すべり症などにより坐骨神経が障害されしびれがでます。

 

梨状筋症候群

梨状筋という仙骨から大腿骨につく筋肉が坐骨神経を圧迫したり、こすれて摩耗することにより坐骨神経痛をおこします。

股関節の屈伸の伴う作業が多い方、デスクワークなど長時間座ることの多い方、スポーツをよくされる方(ランナーやスクワットなどの動作は要注意)などが原因となりやすいです。

 

整形外科的疾患以外には脳梗塞糖尿病閉塞性動脈硬化症などがあります。また、意外に多いものとして足の血行不良やストレスでしびれが出ている場合もあります。

しびれは放っておかずに必ず診察・検査を受けましょう!!

こむら返り

こんにちは。国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

こむらがえりとは、よく「足がつった」と言われるもので、「腓腹筋痙攣」と呼ばれるものです。

%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a%ef%bc%93

最近急激に冷えてきたせいか、患者さんから「夜中に急に足がつった」と聞くことが増えてきた気がします。

腓腹筋(ふくらはぎの筋)が異常な緊張を起こし、筋が収縮したまま緩まない状態になります。

寒い日や運動後の夜に寝ていると急につったり、海やプールなどでつってしまったり様々な場面で誰もが遭遇するものかと思います。

なぜつってしまうのか、対処法や予防法などを知っていると慌てずに済むかと思います。

 

[原因]

筋疲労、運動不足、冷えなどによる血行障害、ビタミンやミネラルなどの不足熱中症、脱水、妊婦、そして何かしらの病気が考えられます。

病気としては椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、下肢静脈瘤、動脈硬化症、糖尿病、肝硬変、腎疾患、脳こうそく

などが考えられます。

[対処法]

つってしまった場合は腓腹筋を伸ばす、ストレッチをする。

(膝を伸ばし、足先を持って背屈させる)

%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a%ef%bc%92

[予防法]

腓腹筋のストレッチ、マッサージ、足を温める、ビタミンやミネラルの補給などが大切になります。

%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89

 

頻回につってしまうなどある方は疲労だけでなく病気の可能性も考え、病院に受診してみてもいいかと思います。

寒くなってきましたので足元だけでなくしっかりと全身を温めましょう!

変形性関節症

こんにちは!

国立旭通り整骨院の篠崎です。

 

今まで整形外科などで変形性関節症と診断されたことのある方は多いのではないでしょうか?

65歳以上の方では半数以上、75歳以上の方では80%の人に存在するというデータもあります。膝・股関節・頸椎・腰椎・肘・手など様々な関節で起こるものです。

今回は特に症状が出やすく多くの方が困っている膝について、簡単な体操なども含めご紹介します。

 

原因

靭帯損傷や半月板損傷などの怪我、関節軟骨の老化や肥満、体質(遺伝も関係している)と言われています。

特に女性は男性の4倍なりやすいとも言われています。

 

症状

初期:長時間座っていた後立ち上がる時に痛みを感じる・動き始めに痛みを感じる(スターティングペイン)、膝の内側を押すと痛い、階段の昇降時に痛みを感じる、膝が腫れてくる(水が溜まる)

進行期:O脚になってきている、正座ができない、膝を完全に伸ばせない

末期:O脚が強くなる、歩くたびに強い痛みがある

などです。

痛みは動作時に感じ、歩き始める(動き始める)と感じにくくなりますが、長時間歩いているとまた痛みが出てくるという特徴があります。

 

治療

保存療法・手術療法があります。

ご自身で予防、改善のためにできることは、

正座を避ける、体重を減らす、膝周囲の筋力をつける(特に大腿四頭筋)、お尻周囲の筋力をつける、ストレッチをする、足底挿板を入れる、クーラーなどで冷やさないようにする

 

いくつか運動療法をご紹介します。

大腿四頭筋のトレーニング

①膝の下に枕や丸めたタオルを置き、それを押しつぶすように床方向へ力を入れます。

oa5

②片膝を曲げ、片方の足首を90度曲げ、伸ばした足を10~30㎝ほど上げゆっくりと降ろす。

oa8

内転筋のトレーニング

・ボールや厚めに丸めたタオルを膝上で挟み、ゆっくり潰していく。

 

中殿筋のトレーニング

・横向きになり下の膝を曲げて安定させ、上の伸ばした足を10㎝ほど上げていき、ゆっくりと降ろしていく

 

大腿四頭筋のストレッチ

・横になり上側の膝を曲げて足首を持ちます。踵がお尻につくようにゆっくりと伸ばしていきます。

 

ふくらはぎのストレッチ

・足を前後に開き、後ろの足の膝を伸ばしたまま体をゆっくり前に倒していきます。

 

トレーニングは最初のうちは10回×2~3セットを1日2回ほどから始め、慣れてきましたら徐々に回数を増やしていきましょう。

 

 

当院ではこのような運動指導も行っております。適切な運動方法、回数なども個別に指導しております。

ご気軽にご相談ください!

運動会シーズン

こんにちは!!国立旭通り整骨院の篠崎です!

10月に入り、運動会のある家庭も多いのではないでしょうか?s-undokai064

また、スポーツの秋という事で運動を始めた・始める方もいるかと思います。

 

今回は、運動会で多い怪我(お父さん、要注意です!)についてです。

父兄参加の徒競走などで突然走ることもある運動会!

昔(学生時代など)にスポーツをしていて現在運動不足の方が、準備運動もせず昔と同じイメージで「よーい!ドン!!」」と走ると・・・

ブチッ!

そうです。運動会で特にお父さんに多い怪我とはアキレス腱断裂です!

%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1
断裂した痛みは皆さんが思っているよりも痛くはないそうです。

痛みよりも力が入らない、感覚が鈍いと感じる方が多いです。

痛みも強くはないので、切れた瞬間も「後ろから蹴られた」、「ボールをぶつけられた」などと感じる方が多いようです。

原因としてはたくさんありますが、

ふくらはぎの筋肉の柔軟性低下

運動不足

準備運動不足

足のアーチの低下

などが考えられると思います!

運動をする前はウォーミングアップで軽く走ったり体を動かし体温をしっかりと上げ、運動後はクールダウン、ストレッチを行い体をケアしましょう!

s-undokai053

アキレス腱が断裂していなくても炎症が起こって痛みが出ることもあります。

痛みや違和感、張りなどでもご気軽にご相談ください!