肩腱板損傷 ~その①~

こんにちは。

国立旭通り整骨院の喜久山です。

 

今日は「肩腱板損傷」についてお話をさせて頂きます。

 

肩腱板損傷のお話をする前に、まずは「腱板」とは何か?についてのお話です。

腱板とは肩の奥にある棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋と言う4つの筋肉の集まりを指します。

実際には腱板というものがある訳ではなく、この4つの筋肉の集まりを回旋筋腱板インナーマッスルローテーターカフと呼んだりする事があります。

回旋筋腱板を略して腱板と言うわけです。

肩は単純な動きだけではなく複雑な動きでコントロールされています。

その中でも微調整などの補助的な役割をするのが腱板なのです。

以上が「腱板」についての説明です。

次回は「肩腱板損傷」のお話をしていきます。